校長室日記

2019年11月の記事一覧

和光市民まつりのお手伝い

毎年行われている和光市民まつり。今年は11月9日10日がメイン開催日でした。

毎年本校は部活動や有志で市民まつりのお手伝いをしています。今年は、9日(土)に放送部がステージの司会を務めました。また、10日(日)は市役所総務人権課のお手伝いとして「国際化推進・姉妹都市PRに関する展示」に昨年、アメリカ・ロングビュー市に訪問した生徒が一役を演じさせてもらいました。

多くの市民の方が通りすがりに本校の交流プログラムの展示を見ていただき説明をさせていただきました。

  

0

第2回学校説明会でした

本日は、第2回学校説明会と部活動体験を実施しました。

中学3年生にとっては高校受験まであと3か月、中学校では、三者面談のころでしょうか?
学校選択をそろそろ本格的に決めなくてはいけない時期になってきたかと思います。

学校選びの観点はたくさんあります。もちろん大学進学結果も一つの側面かもしれません。しかし、大学入試で難関大学に何人入ったかでだけで教育の成果が測られる時代ではなくなります。この先の未来を生きる生徒たちが、いかに働き、いかなる生活を営めるか、という視点が大切になってくると思っています。

本日も中学生の様子を見ていると不安に思っている人が多いようでした。この時期、心配なことも多々あると思いますが、今できることを頑張ってもらいたいです。

 

 

0

2学年が進路説明会を受講

1年生の就業体験中に、特編授業として「分野別進路説明会」を実施しました。

卒業後に進みたい分野、今興味のある分野について生徒が2つ選んでお話を聞きました。分野ごとの具体的な仕事の内容や勉強する事柄を知り、生徒に進路意識を向上してもらうことが目的です。今回は24の分野の専門の先生をお呼びしました。

2年生もいよいよ行きたい方向を定め準備をしていく時期になっています。いま、世の中の仕事の在り方やその分野の特徴も刻々と変化しています。最新の状況をつかんで進路に向かうことが大切です。

0

明日から1年生は就業体験です。

明日から1年生は就業体験に取り組みます。

日々技術革新が進む中で、10年後はきっと自動車の自動運転も進み、仕事の様相もいまと違ったものになっているに違いありません。生徒たちは機械やAIとともに働くことになります。AIや機械との差は、コミュニケーション、協調性、新たな発想力です。まずはこの就業体験を通じて、事業所の方、お客さん・・・多くのコミュニケーションを学んでほしいと思います。

本校は平成18年より「フレッシュ高校生社会体験プログラム」「自分発見!高校生感動体験プログラム」の実施校として、いち早く「就労体験活動」に取り組んでいます。今年度より「地域の多様な人材と連携による高校生自立支援事業」「就業体験推進校」の指定を受け、「就業体験活動」として継続しているところです。この経験を通じて、社会を構成する一員として自覚を高め、周囲の人や家族への感謝の気持ちを培うとともに、地域との交流を深めることを目的にしています。

0