今日の和高(日誌)

2016年2月の記事一覧

学習サポーター

  2月19日(金)

 和光高校は平成26年度から県の指定をいただき、授業の補助者として大学生に手伝ってもらっています。今日は昨年からお世話になっている英語の木村先生と数学の山田先生(共に武蔵大学4年生)の最後の勤務日でした。
 おもに1年生の授業で活躍してもらいましたが、生徒たちから慕われ大きな成果を得られたようです。二人とも四月からは教職の道を志します。和光高校で鍛えた力を発揮するよう頑張ってください。







 来年度も意欲あふれる学生を募集します。詳細は学校までお問い合わせください。
0

卒業生進路講演会

  2月18日(木)

 2学年生徒を対象に恒例の「卒業生に話を聞く会」を柔道場で実施しました。忙しい中を来校され話ていただいたのは木村健太君、波多江朱香さん(26年度卒業)、木下健司君、玉掛史和さん、工藤顕徳君、市川晃平君(27年度卒業)、広瀬雅也君(21年度卒業)の7名です。社会人あるいは学生として、苦労ややりがい・目標などについて貴重な話をお聞きすることができました。



木村君は2コ上のサッカー部主将、後輩たちから慕われています
 
 一方1年生は体育館で学年集会を行いました。学年主任の殖栗先生からは、間近に迫った学年末考査と服装・挨拶についてその大切さを説かれました。入学以来きちんとした姿勢で臨んできたきた1年生ですが、あらためて気持が引き締められたようです。充分な力を身につけて2年生になりましょう。


 明日から願書の提出が始まります。出願される中学生の皆さんは交通に気をつけてお越しください。場合によっては待つ時間が長くなることもあります。寒さ対策もお願いします。
0

三送会

  2月17日(水)

 いよいよ本番です。生徒会役員を中心にこの日のために用意してきた企画が披露され3年生の記憶に残る三送会になったと思います。

 まずは偽校長の泣くシーン。生徒会長と校長先生が入れ替わっての挨拶です。



 そして今年の目玉「先輩に贈る言葉」。各部の2年生がお世話になった3年生に感謝を述べました。上はサッカー部、下は呼ばれて壇上に上がったにもかかわらず外した野球部相場先輩です。




 倉上先生率いるダンスチームが盛り上げます。そして…
 今年は無いのかなと思われていた3年学年団が登場。あったかい和光高校の真骨頂です。



 主役は6組担任の五郎丸。本人の希望で見えづらくなっていることをご了承ください。

 生徒会にとって最初の大きな行事である三送会はこうして無事に幕を降ろしました。
0

明日は三送会

  2月16日(火)

 三送会はいよいよ前日を迎えることとなりました。連日放課後の準備を行ってきましたが、今日から学年末考査1週間前の部活停止期間、体育館でのリハーサルとなりました。






 具体的な内容は極秘ですが、今までにない三送会になりそうです。3年生は必ず出席するように。田中会長を中心とする第44代生徒会の初仕事、本当に楽しみです。
0

三送会準備

  2月15日(月)

 2月18日(木)に開催される「三送会」を目前に生徒会役員を中心に準備が進められています。3年生の心に残る会を目指し、会場を彩る様々な装飾を夜遅くまで作っています。このほか1年7組の倉上先生率いるアトラクションチームや先生方の出し物、そしてお世話になった方々のビデオレターなど新しい企画も満載です。激励の意味を込め、家庭部から生徒会に手作りガトーショコラが手渡されました。





 
 また、2月13・14日の両日に渡り宮城県気仙沼市で開かれた「第8回進路指導サミットin気仙沼」に3名の教諭が参加しました。北海道から島根まで全国各地からはるばる集った先生方はおよそ150名。それぞれの学校の取り組みなどについて発表しながら夜遅くまで新しい時代の教育を語り、ネットワークづくりに励みました。2日目には本校1学年主任の殖栗先生が「新しい時代に向け我々がすべきこと」について発表をしました。
0