校長室日記

3年生進路出陣式

今日のLHR時間、1・2年生は体育祭に向けての集団競技の練習を行いました。
3年生は、いよいよ来週から就職試験が解禁となり、試験が始まります。そこで、3年生は学年集会を行い、進路に向けた出陣式を行いました。進路指導主事・学年主任から、意気込みとこの後の詳細な注意がされました。皆、真剣に聞いてくれたと思います。
最初に「校長挨拶」で次のようなことを話しました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

いよいよ、みんなは進路にむけて試験や面接などに取り組むわけです。
今日の集会は、進路に向けてのいわば、出陣式。みんなで頑張ろう、「エイエイオー」という会だと思っています。

2学期を迎えて、夏休みを挟んだせいか少し気が緩んでしまった生徒がいるように感じています。気のせいならよいのですが。
進路に向けて大切の大切な視点を2つ話します。
まずは現実を見定めること。自分にとって都合の悪い嫌なことも把握すること。二つ目は逆に、今を敢えて脇に置いて、自分の未来の姿を想像し、現在へと視点を映してみるということです。そうすれば、もしかしたら都合の悪い現実を変えようという気持ちが湧いてくるかもしれません。このバランスが大切なんだと思います。

さて、まずは就職組。
学校推薦で受験する会社が決まっている生徒は、いよいよ試験です。夏休みの暑い中、面接練習をして、履歴書を書き、会社見学をしてきました。後は、自分のいいところ、やる気を前面に出してきてください。
自己開拓で動いているのならばいいですが、まだ就職活動が軌道に乗り切れていない生徒、そして10月から本格的に活動が始まる生徒もいますね。適性つまり自分は何に向いているのか、そして、どのように働きたいのかよく考えてください。そして動きましょう。動かないと始まりません。高校生活は、助走段階です。ただ、スタートラインに立った時に勢いが持てるかどうかということです。

次に進学組。
夏休みにオープンキャンパスや学校見学に行き、中にはAO入試にエントリーしてきた人もいますね。大学にしろ専門学校にしろ、高校みたいに、あれをやりなさい、これを学びなさいということはありません。自分で何を学びたいのか、どんな資格を取りたいのか、やりたいことはなんなのか?を考えて学校を選んできたのだと思います。そしてやりたいこと、行きたい学校が決まったのであれば、あとは準備です。指定校だから大丈夫だとか、合格するだろうと言われているとかいう人もいるかもしれません。しかし、その先の戦いもあります。一歩でも優位に立てるように準備を勧めましょう。進学決定がゴールではありません。就職希望の人と同じ、スタートラインです。

最初に言いました。今日は出陣式です。
まずは戦わずして負けるわけにはいきません。そして、戦う以上勝ちましょう。もし、1度負けたとしても、挫けず次の戦いで勝てるようにしましょう。
みんな、出遅れないように、船に乗り遅れないようにしてください、いざ出陣です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
和光高校3年生の船が進路に向けて出航します。