今日の和高(日誌)

R3-98 化学(理科)の実験

和光高校の理科では実験の機会を多く設けています。今回は化学の実験「凝固点降下」の様子を紹介します。この実験では冷凍庫を使わずにアイスクリームを作り、おいしく食べながら学習しました。

≪この実験の概要は以下のとおりです。≫

 授業で水(液体)が氷(固体)に状態変化をするのを「凝固」と言います。水が凝固する温度は「0℃」と義務教育で学習します。では「食塩水」は何度で凝固するのでしょうか?

水と同じ「0℃」なのか?それとも「0℃より低い」のか? POINTは「溶液(何かが溶けている液体)」です。

そこで、溶液の「凝固点降下」について机上で学習するだけではなく、実際に-20度になった「溶液」の状態を生徒に体感させていました。