校長室日記

校長室日記

午王山のボランティア活動実施

今日で期末考査も終わりました。
本日は、午王山の会の皆様と午王山の保全活動を実施しました。冬のこの時期は落ち葉の片付けが中心です。斜面から近隣の道路や私有地に山の木々から落ちた葉が山積みになっていました。掃いては、ブルーシートの上に集め、運ぶという作業を繰り返しました。

午王山は本校の脇にある小山です。遺跡でもある里山で、環境の回復が課題となっています。地域の方とともにボランティア活動をすることによって生徒には地域に貢献する人材となる意識をもつとともに、今の環境問題や地域の歴史に関心を持ってもらいたいと思いました。
  

↓午王山から見える和光高校↓
0

大和中で進路講演してきました

今日は、和光市立大和中学校の進路講演会に呼ばれ、2年生対象にお話をさせていただきました。2年生を対象に「高校について学ぶ会」と称して今年から実施することになったそうです。公立高校と私立高校、1校ずつ呼ばれ、私は公立高校の代表として話をさせてもらいました。
今の中学生は、社会も変化する、大学入試制度も移行期のど真ん中、という大変な時代の生徒だと思います。そんな中、「これからの中学生に求められるもの~高校ではなにを学ぶか・高校はどうのように選ぶか~」という題で、30分という短い時間でしたのでどのくらい伝わったかわかりませんが、中学生への応援メッセージを伝えました。
内容は、
1 「今、求められる力」について
    2 「学校選択と公立高校の魅力」について
    3 「今、すべきこと」について
    4 「公立高校の入試」について
    5 「これからの勉強」について

公立学校の魅力として強調したのは、
「これからの時代に向けて今は土台を築く時期、幅広い教養と厳しさを我慢することによって培われる力がある。公立高校は、バランスの取れた教育を実践している。もちろん、私立に比べると施設では引けを取るが、総合的な人間力の育成のために、学習だけでなく、部活動や学校行事にも全力で取り組む中で、心身をともに鍛え、「優しさ」「逞しさ」「チームワーク」「リーダーシップ」などを兼ね備えた「人間的資質」を備えた大人に育てようとする基盤がある。」
ということです。

中学生頑張れ!真面目に努力する者が最後は勝つ、ことを信じて。
0

今日から期末考査です

暖かい日が続いてましたが今日は、気温が急降下。冷たい雨の1日になりました。
生徒たちは今日から2学期の期末考査です。
試験中は、真剣にテスト問題に取り組む姿がありました。
また、放課後は教室や図書館では、残って明日のテスト勉強をしている生徒もたくさんいます。中には、二人で問題を出し合ったりしていました。
問題を出せたり、人に説明をしたりできるということは、ある程度、内容を理解しているからこそできること。
他の生徒もしっかり準備をして明日からのテストも頑張ってもらいたいと思います。

いろいろな学校で自習室を設けています。本校は、教室や図書館を利用してもらっています。また、職員室の前には、質問コーナーもあります。
本来は、家で一人で勉強できるのがベストなのでしょうが、弟妹がいてなかなか一人で勉強ができなかったり、環境が整わなければ、図書館なども是非、使ってもらいたいと思います。
0

ロングビューでお世話になったKEIKOさん来校

12月3日、ロングビュー訪問で大変お世話になったKeikoさんが、来校してくれました。
Keikoさんは、現地での高校訪問やホームスティなどのコディネートをしていただいた方です。
訪米した生徒も集まり、その時の感想やこの経験を生かした今後の勉強についての抱負などを伝えました。
0

吹奏楽部が保育園で演奏会

12月を迎えました。巷でも年末の慌ただしさを感じる季節になり、クリスマスという文字がたくさん見られるようになりました。
本日は、吹奏楽部が、近隣の「下新倉みどり保育園」のお楽しみ会に招待され、園児の前で演奏披露をしました。
アンパンマン、ドラえもん、忍たま乱太郎の曲で、園児たちに楽しんでもらいました。園児たちはお父さんお母さんと一緒に手拍子をしてくれ時に一緒に歌ってくれました。
いい思い出になってくれたら嬉しいです。

みどり保育園は、家庭科の保育実習や就労体験でもお世話になっています。
このように多方面にわたり地域の方にお世話になっていることに感謝いたします。

 
0

生徒会役員選挙が行われました

本日、生徒会役員選挙が行われました。生徒たちにとっては、次期本校の生徒会をリードする生徒を選ぶことになります。立候補者は会長1名、副会長3名、監査2名でした。
本校の立会演説会では、立候補者の演説とその推薦人による応援演説を行います。立候補者それぞれの公約を生徒たちは真剣に聞く姿がありました。また、本校の生徒会役員選挙では、国の選挙で使われる投票箱や記入台を使って、リアルな投票を行っています。

18歳で選挙権を持つようになり、高3の大多数がもう選挙権を持っています。
選挙は、次の社会をつくる私たちの代表を選ぶという意味で投票する私たちのの責任は大きいものがあるとともにその責任を果たさなければなりません。
高校では主権者教育も今まで以上に取り組んでいます。

   
0

中庭が色鮮やかです

11月も終わりが見えてきました。本校でも期末考査1週間前となり、生徒たちにも体調を崩さないようにして真剣にテスト勉強をしてもらいたいと思っています。
急に冷え込むようになりました。中庭は、紅葉と常緑の葉、それに鮮やかな花の赤など綺麗な情景となっています。
少し癒される空間です。


0

全国書道展推薦賞受賞

大東文化大学主催の全国書道展に、毎年、応募しています。今年も書道選択者が授業で創作したものを出品しました。
この全国展は、第60回を迎え、今年の応募数は254587点、そのうち、優秀な作品が、24日25日に実施された全国書道展において展示されました。
本校の1年7組の東條君が見事に推薦賞をいただき、表彰されました。推薦賞は891点、他の特別賞を合わせても1000点以内の入賞です。
その他、3162点の特選にも5人の作品が選ばれました。
 
0

強歩大会、無事終了

11月22日、天候が心配されましたが、ランニングにはちょうど良い気候となり、第27回強歩大会が、荒川の土手で実施されました。
今年は、時間制限を少し厳しめに変更しました。その結果、メリハリのある大会になったと思います。上位でゴールしてきた生徒は、息を切らし、全力を出し切った様子が感じられました。苦しいことを乗り越えることで身につくものが必ずあります。よく頑張ったと思います。
男子は、3年5組のカバリェロ パブロ亮 君が3連覇、女子では2年5組の大澤 桜さんが優勝しました。また、クラス対抗では、1位3年1組、2位1年3組、3位1年7組という結果でした。(クラス全員の順位を平均したものによる成績)
  

また、PTA後援会の皆様には、寒い中、たくさんの方にお集まりいただき、給水活動を行っていただきました。生徒たちも、苦しい時の水がおいしく感じたことでしょう。ありがとうございました。


また、開会式のあいさつでは、次のような話をしました。
〇少し曇り空で、肌寒いですが、でも走る皆さんにとっては、ベストコンディションではないでしょうか。
〇さて、この強歩大会も第27回を迎えました。伝統ある行事です。
強歩大会の目的には次のように書いてありました。
(1)日頃の授業の成果を発表するとともに、体力の向上を図る。
(2)自己の健康・安全に留意し、運動の楽しさ、喜びを味わうことができるようにする。
簡単に言うと、
健康な体を作るとともに、運動を通じて、粘り強く逞しい精神力、チャレンジする心を育て、運動する喜びを感じることだと解釈しています。
〇確かに、とかく、人は楽をしたがります。しかし、楽ばかりしていては、育たない能力があります。体育の授業では、ここ1ヶ月間にわたり、Bコースのランニングを行ってきました。君たちは良く走りました。その実績を自信として、今日は、頑張ってください。
〇最近は、ランニングブームです。週末の朝夕には、おじさんおばさんたちがランニングする姿を見かけます。健康管理という面でも走ることは手っ取り早い運動です。走ることが「辛さ」を超えて「楽しく」なるといいと思っています。でも走っているときは辛いです。それぞれのベストを尽くして下さい。健闘を祈ります。

0

寒椿が鮮やかに咲いています

学校内をぶらぶら歩いていると、中庭で寒椿が鮮やかにそして力強く咲いています。急に寒くなってきましたが、艶やかな赤い花が、力を与えてくれるような気がします。
学校においでの際は、中庭をぜひご覧下さい。
                 ↓白い花も咲いていました。
 
0