校長室日記

校長室日記

運動部員で体育祭に向けて準備実施中

今週は体育祭ウィーク
今日の5限6限は、全校集会・各クラスにおいて体育祭にむけての注意が行われました。
今までも体育の授業等で、練習や準備を重ねてきました。明日の予選予行、明後日の本番と楽しみです。
本校では、体育祭に丸々2日間を充てています。それだけ重要で意味のある学校行事であるとの位置づけです。

今日の放課後は、運動部が総出で、テント張、ライン引き、応援席作成・・・。放送部も機材を運んでアナウンスの準備をしてくれました。
裏方でこのように献身的に準備に取り組んでくれている生徒たちに感謝です。これも学校行事を行う価値だと思います。

今日の集会では担当の教員からは「体育祭を楽しんでもらいたい」と全校生徒に伝えられました。明日明後日と生徒の頑張りが楽しみです。

0

新トイレの使用開始です

今週当初使用開始予定でしたが、教室棟東側トイレですが、台風の関係でハプニングが起こり延期されていました。準備が整い今日から生徒たちは使用しています。

すべて洋式、ウォシュレット・バックミュージック付き。綺麗で居心地のいい空間なので授業に遅れないようにしてほしいです。(笑)

新トイレの使用開始です  新トイレの使用開始です  新トイレの使用開始です

0

3年生進路出陣式

今日のLHR時間、1・2年生は体育祭に向けての集団競技の練習を行いました。
3年生は、いよいよ来週から就職試験が解禁となり、試験が始まります。そこで、3年生は学年集会を行い、進路に向けた出陣式を行いました。進路指導主事・学年主任から、意気込みとこの後の詳細な注意がされました。皆、真剣に聞いてくれたと思います。
最初に「校長挨拶」で次のようなことを話しました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

いよいよ、みんなは進路にむけて試験や面接などに取り組むわけです。
今日の集会は、進路に向けてのいわば、出陣式。みんなで頑張ろう、「エイエイオー」という会だと思っています。

2学期を迎えて、夏休みを挟んだせいか少し気が緩んでしまった生徒がいるように感じています。気のせいならよいのですが。
進路に向けて大切の大切な視点を2つ話します。
まずは現実を見定めること。自分にとって都合の悪い嫌なことも把握すること。二つ目は逆に、今を敢えて脇に置いて、自分の未来の姿を想像し、現在へと視点を映してみるということです。そうすれば、もしかしたら都合の悪い現実を変えようという気持ちが湧いてくるかもしれません。このバランスが大切なんだと思います。

さて、まずは就職組。
学校推薦で受験する会社が決まっている生徒は、いよいよ試験です。夏休みの暑い中、面接練習をして、履歴書を書き、会社見学をしてきました。後は、自分のいいところ、やる気を前面に出してきてください。
自己開拓で動いているのならばいいですが、まだ就職活動が軌道に乗り切れていない生徒、そして10月から本格的に活動が始まる生徒もいますね。適性つまり自分は何に向いているのか、そして、どのように働きたいのかよく考えてください。そして動きましょう。動かないと始まりません。高校生活は、助走段階です。ただ、スタートラインに立った時に勢いが持てるかどうかということです。

次に進学組。
夏休みにオープンキャンパスや学校見学に行き、中にはAO入試にエントリーしてきた人もいますね。大学にしろ専門学校にしろ、高校みたいに、あれをやりなさい、これを学びなさいということはありません。自分で何を学びたいのか、どんな資格を取りたいのか、やりたいことはなんなのか?を考えて学校を選んできたのだと思います。そしてやりたいこと、行きたい学校が決まったのであれば、あとは準備です。指定校だから大丈夫だとか、合格するだろうと言われているとかいう人もいるかもしれません。しかし、その先の戦いもあります。一歩でも優位に立てるように準備を勧めましょう。進学決定がゴールではありません。就職希望の人と同じ、スタートラインです。

最初に言いました。今日は出陣式です。
まずは戦わずして負けるわけにはいきません。そして、戦う以上勝ちましょう。もし、1度負けたとしても、挫けず次の戦いで勝てるようにしましょう。
みんな、出遅れないように、船に乗り遅れないようにしてください、いざ出陣です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
和光高校3年生の船が進路に向けて出航します。

0

台風の翌日に思う

本日は、昨日の台風のことなど忘れてしまうような晴天!穏やかというより、また、夏?という気候です。
生徒の大多数は、今日は落ち着いた表情で登校していました。昨日の通学ではやはり疲れた生徒もいたようです。しかし、「バスが遅れた」と言ってのんびり来る生徒が数名。「バスが遅れたのであって、自分は悪くない」とでも主張したいのか。

日本の交通機関は正確で、しかも便がいい。スマホで、行先と到着時間を入力すれば、いつ出ればよいのかすぐにわかる。だから、「もし電車が遅れたら」とか、「アクシデントで乗り遅れてしまったら」、なんて考えて時間に余裕をもって行動しなくなった人も増えてしまったのかもしれません。

一方、昨日の計画運休で、運航予定時間前から駅に並ぶ人たち、駅への入場規制もあり、大混雑した様子も報道されていました。でも、きちんと整列して、順番を待つ姿が大多数です。こんな姿に外国人の観光客は驚いていたようです。

昨日の台風でまだ、停電や断水になっている地域もあります。停電でトイレの水も流せないそうです。また、成田空港では飛行機は到着するがそこからの移動手段がない、なんていうことも起こりました。

生活耐性が失われつつあります。私たちは生活の中で、いままで想定外だったことも想定しないといけない時代なのではないかと思います。
生徒達には、せめて、一本くらい早い電車バスに乗ったり、スマホの到着時間をオンタイムではなく、ちょっと前に設定する、といった「心の余裕」を期待したいものです。
0

台風の影響・・・・

今回の台風で、JRが事前運休を決めました。確かに中途半端に運航して途中で乗客を立ち往生させてしまうと考えると懸命な措置なのかもしれません。
しかし、8時の運航開始予定を鑑み、始業時間の1時間遅れの対応を取らせていただきましたが、鉄道の復旧には予想以上に時間がかかり、利用している生徒は大変だったことと思います。

奇しくも始業式で、「我々は自然をも支配しつつあると勘違いしている。次世代のことを考えて生活しなくてはいけない。」という話をしました。台風が関東をこのように直撃したのは久しぶりということですが、台風は毎年、しかも何回も日本を襲っています。他人事として捉えず、備えることが大切なんだと改めて感じました。
千葉では鉄塔が倒れたり、停電になっていると聞いています。停電になると様々な便利グッズが使用できなくなり、情報源・連絡手段を失ってしいます。このようなことも想定しておかないといけないですね。
0

台風に備えて、花のプランターを避難

退位風15号が今晩、関東地方を直撃するという予報が出ています。
皆さんも各種情報に注意して安全を確保して下さい。

昨日、PTA後援会の皆様に並べていただいたプランターですが、台風に備えて階段下に避難させてもらいました。まとめると圧巻です。
また、明日再度並べさせていただきます。
 
0

第2回PTA後援会理事会がありました。

2学期早々ですが、第2回PTA後援会の理事会を実施しました。体育祭や文化祭、強歩大会など学校行事のお手伝いについての打ち合わせをしていただきました。
学校行事では、PTA後援会の皆様には大変なご協力を頂き感謝しております。
今年もよろしくお願いします。

理事会に先立ち、花植えをしていただきました。完成したPTAのTシャツを着て、大汗をかきながらの作業でした。お疲れさまでした。また、生徒達も登校するときの楽しみが増えたのではないでしょうか?

 
0

蔵書点検実施中

図書委員が役割分担して、本校図書館の蔵書点検を実施してくれています。本校の蔵書は全部で35000冊程度だそうで、図書委委員は、1冊1冊、本を書庫から取り出してバーコードを読み取ります。地道な作業です、ありがとう。

昨今、これからの時代は、「教養」が必要、「リベラルアーツ」という言葉もよく聞くようになりました。仕事の在り方も変わりつつあります。誰もが興味があること好きなことを職として働きたいと考えます。その好奇心の源は教養にあるのではないでしょうか。知らないことに興味がわくはずありません。好きなことも嫌なことも、知っているからこそ、生まれてきます。
昨日、就職試験に向けて、面接練習をしました。その際、「最近読んだ本」を訪ねると、「読んでません」と返ってきました。
生徒達には、深い知識までは到達しなくても、幅広い事柄の入り口には触れてもらいたいと思います。教養を深めるには、少しでも読書に時間を使ってもらいたいと思いました。
0

今日から授業でした

2学期、今日から授業が再開しました。3年生の進路指導があるためまだ、午前中授業ですが、生徒たちは集中して授業を受けていました。中にはまだ、夏休みの習慣が抜けていないのか眠そうな生徒もいましたが。早くペースをつかんでもらいたいところです。

昨日は課題テストが行われました。課題をきちんと出したか、ご家庭でも確認してください。課題の提出は重要です。
また、4時間目はLHRで体育祭の選手決めを行いました。各担任は、運動能力テストの結果を見ながら、生徒と種目の相性を考え戦略を練っていたようです。
0

2学期始まりました。2学期始業式がありました。

まだ、残暑の厳しさを感じる時期ですが、今日から2学期です。多少暑かった体育館でしたが、やはりけじめはできれば体育館でということで、通常通り始業式を体育館で実施しました。生徒は、よく話を聞いていたと思います。

まず、表彰式。野球部の高校野球に対する貢献ということで表彰状を頂き、披露しました。
始業式では、次のような講話をさせてもらいました。
===========================================================
(要旨)
〇今年の夏は、梅雨明けが遅くなり、梅雨明けとともに、猛暑、そして台風がやってくるという異様な気候でした。先日も、北九州地方に豪雨があり、「記録的豪雨」とか「観測史上初」という言葉が報道され、多大なる被害をもたらしました。毎年、「異常気象」という言葉を耳にします。
〇科学技術は、ある意味、自然に対抗して発展してきたという側面を持っています。しかしこの科学の進歩であたかも、自然を支配したかの如く勘違いをしている部分があるのではないかと思います。私たちの住んでいる地域は幸いにも自然災害は少ない地域ですが、人口が密集して、交通網などの利便性が高い地域だからこそ、東日本大震災の時のような大きな災害に遭うと、予想もしない混乱が起こるのではないかと心配します。9月1日の防災の日を一つのきっかけにもう一度、防災の意識を見直したいと思います。
〇夏休み中のニュースをいくつか取り上げて話しました。
1アメリカと中国の貿易摩擦からの不和から日本の経済への影響
2日韓関係の悪化に関する報道。歴史問題から経済的な問題、観光などといった一般生活にも影響し、安全保障の問題まで広がっています。
3香港では、市民デモ
タイの浜辺で保護されたジュゴンの赤ちゃんが、腹部に入っていたプラスチック片によって感染症が悪化し、死んでしまったという報道。
マイクロプラスティックの問題について触れました。
5アマゾン川流域の火災も問題。アマゾン熱帯雨林は、大気中の酸素の約20%を供給していること。
〇「持続可能な社会」について。「持続可能な社会」とは、「地球環境や自然環境が適切に保全され、将来の世代が必要とするものを損なうことなく、現在の世代の要求を満たすような開発が行われている社会」と言われています。経済発展、技術革新により、人々の生活は物質的には豊かで便利なものとなった一方、基盤となる地球環境の悪化をもたらしている。気候変動、環境汚染、鉱物・エネルギー資源問題、奪い合いのための紛争に繋がっている。
〇「持続可能な社会」とは、環境面の問題だけではありません。全世界で8億人以上が今でも、1日1ドル25セント未満で暮らし、十分な食料やきれいな飲み水、衛生施設を利用できない人々がいるという事実。世界には、紛争と暴力という悪循環に陥っている地域の存在。
〇最初に触れましたが、私たちは科学の進歩で自然までも支配したかの如く勘違いをしている部分があると思います。
歴史的には自然にコントロールされ、自然に対応する形で進化してきた人間が、今度は逆に自然をコントロールする立場になったと思っています。そこには新たな課題が生まれているということです。・本当に人間は自然を征服できたのか。温暖化が進み、異常気象も常態化している。環境破壊、生態系の破壊につながっている。・AIと生命科学の融合がシンギュラリティやサイボーグ化の問題など科学の進歩が人間の存在自体をおびやかしている、ということもあるかもしれません。
〇次世代に負担がのしかかることは理屈ではわかっているが、現役世代の利益が最優先され、このまま自然を乱用し続ければ、問題が起こることは認識している、しかし自分の世代はどうにか逃げ切れるだろうと考えてしまう。
〇夏休みの様々なニュースを聞いて、「私たちはどんなことを考え、どのような暮らしをすべきなのか」考えていかなければいけないと感じました。皆さんも、「ゴミの分別」とか、「食品ロス」の問題など、小さなことからで構いません。いろいろなことを考える切っ掛けになってほしいと思い、こんな話をしました。

〇2学期が始まります。2学期は文化祭、体育祭、強歩大会と行事がたくさんあります。3年生にとっては就職試験、進学の入学試験も本格的に始まります。それぞれが、それぞれの持ち場で一生懸命に学校生活に取り組んでください。
0