校長室日記

校長室日記

保育園実習

3年生の選択授業では、自分の進路や興味関心にあった授業を受けます。今日は「子ども文化」の授業で、近隣の下新倉みどり保育園に協力いただき、訪問実習の第1回を行いました。
生徒たちは園児に交じり、一緒に遊んだり、給食を一緒に食べたりしました。園児の目線で話したり、給食の面倒をみたりと生徒の高校での様子とは少し違う一面が垣間見られました。
この実習は5回予定されています。
0

PTA後援会の総会も行われました。

5月11日午後からは、令和元年度PTA後援会総会が行われました。お忙しい中、ご参加いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。おかげさまですべての議事が承認され、新しい体制のもと、令和元年度のPTA後援会の活動が始まります。
どうぞよろしくお願いします。
                 ↓新しいPTA後援会の役員の皆様です
 

総会では、校長挨拶として、学校の様子を話させていただきました。
挨拶の全文を掲載させていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 皆さん、こんにちは。本日は、PTA後援会の総会に、土曜日の休日にご出席いただきましてありがとうございます。また、PTA後援会の皆様には、本校の教育活動に対し、物心両面にわたりまして温かいご理解とご協力をいただき、この場を借りまして改めて御礼申し上げます。
 4月8日に198名の新入生を迎え、全校生徒540名で平成31年度、令和元年度がスタートし1か月余りが経過しました。ここまで順調に教育活動が進んでおりますのも、本校を応援いただいている多くの皆様の賜物と感謝申し上げます。
 今年度の教職員の異動では、資料に一覧を載せてありますが、浅倉教頭をはじめ、19名の職員が移動しました。初任者5名を含む、16名の職員を新たに迎え、スタートを切ったところです。本日、所用のため全員がそろっていませんが、新着任の先生方を紹介させていただきます。
(自己紹介)
 PTA後援会の理事の皆様におきましては話が重なる部分もありますがご容赦いただければと思います。
 今年度は、特別な年としてこのゴールデンウイークも学校は10連休となり、学校や生徒たちにとっては良し悪しは別として、2回目の春休みがあったような感覚です。その間に平成から令和へと時代の節目がありました。令和の新元号になったと巷ではお祝いムードでした。昭和から平成になった前回の改元は、ご崩御によるものであったため静かに平成を迎えましたので、今回のような改元も悪くないと感じました。これからの社会を私たちがどのように創っていくのか、過ごしていくのか楽しみです。
 今の生徒たちが新しい時代を創造し生活をしていくことになります。世界のボーダーレス化が進み、私たちの生活も科学技術の発展に伴う急速な変化が予想されます。とりわけ、AIの発展が進み、2045年にはシンギュラリティ、AIが人間の能力を超えてしまうとも言われています。これからの時代は、間違いなくAIに対抗するのではなく、AIに任すべきことは任せ、AIと人がいかに共存していくのか、その方法を模索することが大切なんだと思います。
 私たちは今、とりわけ日本ではとても便利な社会に生きています。一方、皆が同じ方法で同じ方向を向いて、利便を追求し、自らの生活様式を作っているとは言い難いような気がします。便利な社会に生活している私たちは、もしかしたらかつてよりも、わがままになっているのかもしれません。私たちは、かつては、不便な中に工夫し、手間暇かけて味のある生活様式を作っていました。AIとの共存には、人が人として人のための温かい心を持って行動する部分、人間同士が助け合う部分が必要です。生徒たちには、人が人として人のためにどう行動すればいいのか、こんな時代だからこそ考えてもらいたいと思います。予測困難な社会を生き抜くには、「今」の正解をどれだけ覚え、点数で測れる力もちろん知識・常識は必要ですが、それだけを身に付けても、10年後の多様な社会では役に立ちません。社会のニーズは変化する予測困難な時代にあって、他者と協働し、人間ならではの感性や創造性を発揮しつつ自ら問いを立ててその解決を目指したり、新しい価値を創造したりすることができる人材に育ってもらいたいと考えています。
 さて、新年度が始まり1か月余りが経ちました。お子様方の様子はいかがでしょうか?クラス替えなど環境が変わって、戸惑っているお子様もいるでしょうか?ゴールデンウイーク中やそのあとも、ニュースでは事件事故の知らせが後を絶ちません。本校でも連休明けに自転車の接触事故や痴漢被害の報告も受けています。ほんとに思わぬところに危険があり、生徒達にも充分注意を促していますがご家庭でもご注意いただければと思います。また、今年は連休明けの欠席が例年より多めです。気になっているところですが、単に長い休みで体調を崩しただけならよいのですが。高校生になると学校での様子などはあまり話さないのではないかと思いますので、少しでも気になるようなことがありましたら、担任までご連絡ください。
 学校のほうは順調に進んでいます。部活動も1年生を迎え、グランド、体育館とにぎやかになっています。バスケット部やサッカー部、バドミントン部などGWには部活動の大会も行われました。応援に来ていただいた保護者の皆様、ありがとうございました。しかし、正直、まだまだ部活動の加入している生徒数は少なく、参加している生徒たちもまだまだその能力を発揮できていない気もします。試合に負けたことも一つの経験ですし、周りとぶつかりながらも一緒に汗を流したり、同じ目標に向かって努力することは必ず将来生きてきます。先ほど申し上げました、「他者と協働し、人間ならではの感性や創造性を発揮し困難に立ち向かう力」の育成には部活動は大きな役割を果たすと思っています。そしてこの経験がいろいろ制限・事情があるかと思いますが、部活動という同年代の子供たちが、スポーツや文化活動を通じて同じ目標に向かって努力するという経験をさせてあげたいと思っています。この経験は将来社会に出たときに必ず役に立つものです。ご家庭におかれましても是非、今しかできないことを後押ししていただけるようお願いいたします。
 今年は、現在のところ大きな問題行動もなく進んでいます。連休明けで少し生徒達も気が緩む時期になりますが、もう10日後には中間考査になりますので、ご家庭でもご指導のほどお願いいたします。また、6月には2年生は修学旅行もあります。ご家庭にもご負担をお掛けしますがどうぞよろしくお願いいたします。
 その他、連絡を2点申し上げます。
 まず、「ふれあいデー」についてです。学校は、民間企業と異なり、生徒を相手にする教育という仕事は生産性をあげて効率化を図ることが難しい面もありますし、今まで教員が生徒のためにという一念で時間やその他のことを犠牲にして職責を果たしてきました。しかし、時代も変わり、国を揚げての働き方改革が進められています。いろいろな勤務実態調査でも教員の長時間労働の実態が明らかになっています。教育委員会では、平成27年度より毎月、21日を、土日にあたる場合はその前日に職員の定時退勤を促す取組を進めています。本校でも教育活動には支障・影響がでないように取り組んでまいりますので保護者の皆様にもご理解ご協力をお願いします。詳細は以前も配布しましたが、本日配布させていただきましたプリントをご覧ください
 最後に学校自己評価システムシートについてです。県立学校は毎年、年度当初に学校としての取組の目標を設定し、年度末に学校評議員の皆様などから評価をいただいています。昨年度の最終シート、本年度の目標シートを配布させていただきましたのでご覧いただければと思います。
 長くなりました。それでは総会については会則変更など重要な案件もあります、円滑な議事進行をお願いしてご挨拶といたします。
0

授業参観・進路説明会

5月11日、午前中は授業公開と3年生保護者対象の進路説明会を行いました。
授業参観には約100世帯の保護者の皆様に来校いただきました。授業の様子はいかがだったでしょうか?真剣な様子、楽しそうな様子、中には眠そうな生徒もいましたが、概ね学校の授業の雰囲気がお伝えできたのかと思います。
お気づきの点がありましたら、学校にご連絡ください。

 

3年生保護者対象には進路主任より、就職や進学に関する今後の日程や注意事項の説明をさせていただきました。
0

明日は授業参観です

明日5月11日(土曜日)は、授業参観、3年進路説明会、クラス懇談会、PTA後援会総会を予定しています。出欠をいただいていますが、ご都合がつけば、一部でも構いませんのでご来校ください。
時程は、次の通りです。
〇授業参観(3限) 10:50~11:40
〇授業参観(4限)・3学年進路説明会 11:50~12:40
〇クラス懇談会   13:25~14:05
〇PTA後援会総会  14:15~
なお、5月13日(月曜日)は代休となります。

教員は、毎日授業の準備を遅くまでやって頑張っています。今朝も7時には、体育の教員が、グランドで授業のためのライン引きを行っていました。私たちも生徒の成長、ご家庭の期待に応えられるよう努力します。
是非、保護者の皆様は、お子様の学校での様子をご覧いただき、忌憚のないご意見を頂きますようお願いします。
0

教育課程説明会実施(選択科目の説明)

まだ、五月ですが、1年生2年生は次年度の選択科目を決める時期が近づいてきました。
今日の6時間目は両学年とも学年集会で次年度の選択科目の説明をしました。

自分の進路に直結することでもあります。選択科目の決定に際し、自己を見つめ自分の進路についても熟考する機会です。

6月の3者面談で決定になりますのでご家庭でもよく相談していただければと思います。
0

学校に「日常」が戻ってきました

ゴールデンウイークも終わり昨日から平常授業が再開されました。生徒たちは元気に登校し授業を受けました。生徒たちは、ゴールデンウイークを様々に過ごしていたようです。部活動に汗を流していた生徒、アルバイトをしていた生徒、家にいた生徒・・・。私は前半は部活動の応援、後半は読書にふけていました。自由に時間を使える折角のチャンスであったので時間を有効に使ってもらえていたらいいと思います。

今回のゴールデンウイークは長いだけでなく、例年と異なりお祝いのムードもありました。新聞によると10連休だった人は20%余り、80%弱の人たちは何かしらの仕事に数日は携わったことになります。連休を楽しむ人がいれば、その楽しみを作ってくれる人がいます。改めて感謝の気持ちを持ちたいと感じました。
0

新しい時代に生徒たちに期待する

今の生徒たちが新しい時代を創造し生活をしていくことになります。世界のボーダーレス化が進み、私たちの生活も科学技術の発展に伴う急速な変化が予想されます。とりわけ、AIの発展が進み、2045年にはシンギュラリティ、AIが人間の能力を超えてしまうとも言われています。

これからの時代は、間違いなくAIに対抗するのではなく、AIに任すべきことは任せ、AIと人がいかに共存していくのか、その方法を模索することが大切なんだと思います。

私たちは今、とりわけ日本では
とても便利な社会に生きています。一方、皆が同じ方法で同じ方向を向いて、利便を追求し、自らの生活様式を作っているとは言い難いような気がします。便利な社会に生活している私たちは、もしかしたらかつてよりも、わがままになっているのかもしれません。私たちは、かつては、不便な中に工夫し、手間暇かけて味のある生活様式を作っていました。AIとの共存には、人が人として人のための温かい心を持って行動する部分、人間同士が助け合う部分が必要です。生徒たちには、人が人として人のためにどう行動すればいいのか、こんな時代だからこそ考えてもらいたいと思います。
0

Gwも半分が過ぎました。部活動で生徒は頑張っています

5月1日、昨日今日と平成が終わり、令和の新元号になったと巷ではお祝いムードです。昭和から平成になった前回の改元は、ご崩御によるものであったため静かに平成を迎えました。今回のような改元も悪くないと感じました。これからの社会を私たちがどのように創っていくのか、過ごしていくのか楽しみです。

28日にはバスケット部が本校を会場校にして、西部地区大会が行われました。男女とも惜敗してしまいましたが、生徒たちはよく動き頑張っていました。
また、本日はサッカー部が、インターハイ予選でした。延長戦でも0-0、PK戦となり残念ながら負けてしましました。最後まで走り続けた姿は立派でした。
両部とも、普段から一生懸命練習に取り組んでいます。なにかちょっと足りなかっただけだと思います。この敗戦を是非次につなげてもらいたいと思います。

て、今日でゴールデンウイークも折り返しですが、連休中もグランド、体育館では部活動に取り組む生徒の姿があります。試合に負けたことも一つの経験ですし、周りとぶつかりながらも一緒に汗を流したり、同じ目標に向かって努力することは必ず将来生きてきます。彼ら彼女らを応援していきたいと思います。

0

次の授業は「令和」です

今日が「平成」最後の授業日でした。次の授業は「令和元年」5月7日(火)です。
私たちは、元号が変わったからといって、毎日の生活は変わらないのかもしれません。忙しく毎日を送っているとなにも変化がなく感じますが、今年のゴールデンウイークの4月30日、5月1日はなにかいつもと違う気がします。また、大きなスパンで見ると「昭和」「平成」と時代の変化を見ることができます。
生徒達には、変革の時代にただ流れに乗るのではなく、自己の意思を持って、方向性を定め漕ぎ進んでほしいものです。

さて、いよいよ10連休という大型連休です。生徒達はやっと慣れてきた生活習慣が狂いがちな時期です。連休明けには交通事故などに遭わず、生徒がみんな元気に登校してくれることを期待しています。
0

満員電車に乗って思うこと

先日、都内に出張のため、8時頃に和光市から都内へ電車に乗っていきました。
久しぶりにギューギュー詰めの満員電車にのりました。身動きも取れず、お互いが支えあっている状態で、生徒達も含め、通勤通学で電車を利用している方たちはそれだけでも疲れてしまい、毎日ご苦労様だなあと感じました。
それでも、きちんと定時に出社、登校するのですからやはり、日本に生活する人たちの勤勉さも感じました。

腕さえ動かすと迷惑な雰囲気のそんな中でも、スマホを取り出し、音楽を聞くならまだしも、ラインをしたり、ゲームをしたり・・・・する人の姿も散見されました。自分の都合を優先し、人に迷惑をかけることを意識していない様子。ギューギュー詰めで辛い中、ちょっと残念な光景でした。
0

離任式が行われました

春は「別れ」と新しい「出会い」の季節です。
4月19日、午後の股間を使って離任式を行いました。授業や部活動等で熱心に指導にあたり、本校の教育活動を支えていただきました。先生方のご努力に感謝申し上げます。これからも健康に留意されますますとともに新天地でのご活躍をお祈り申しあげます。

生徒たちは、
それぞれの先生方に対していろいろな思い出があると思います。転出された先生への声掛けがあったり、式後には先生方のところに集まり、楽しげに写真を撮ったり、先生方が暖かくご指導していただいていたんだと、感じました。

 

0

県大会第1号(陸上部)

昨日、陸上の西部地区大会があり、3年生の盛君がハンマー投げで37.84を投げ、県大会出場を決めました。おめでとう。
県大会でも上位を狙っているとのことです。頑張ってもらいたいと思います。
0

穏やかな風景です

今日は、柔らかい日差しの穏やかないい天気でした。校門両脇の桜が生徒たちを迎えてくれています。
1年生も少しずつ慣れてきたようで、昼休みも仲良くお昼を食べている姿が見られます。
さて、明日の午前中は、全学年、基礎力診断テストです。苦手なところを発見して克服するためのテストです。テストの結果を受けて勉強にも取り組んでいきましょう。
  
0

部活動1年生仮入部中

部活動も1年生を迎え、グランド、体育館とにぎやかになっています。今週間までは仮入部期間となっていて、いろんな部活動を体験することができます。22日の月曜日に部活動登録になります。

1年生には是非、部活動に参加してほしいと思います。今しかできないことに取り組んでもらいたいと思いますし、仲間と協力する中で我慢することを学ぶことのできるいい機会です。
ご家庭でもぜひ勧めていただければと思います。
0

本格的に授業が開始、今日から午後も授業です

1学期ももう、1週間です。課題テストや身体測定、進路講演会などがあり、平常授業にはなっていませんでしたが、本日から6コマの授業が開始されました。まだ、面談期間のため45分授業ですが、生徒たちは真剣にそして楽しそうに授業を受けていました。

気候もよく、昼休みには中庭(「憩いの広場」と呼ばれている場所です)でベンチに座りながら数人が集まってお弁当を食べている和やかな姿もありました。
0

野球部の大会を見てきました。

多くの部活動の春の地区予選が間もなく始まります。
皮切りとして、4月13日、早くも野球部の春季大会が実施されました。
昨年の後半は部員が少なく、連合チームで試合に臨んでいましたが、今回は、1年生を加え、更に2年生も他の部活動から応援を借りて単独チームとして参加しました。
結果は残念ながら5回コールド負け、でも3年生の部員の活躍には目を見張るものがありました。昨年度、人数が少ないながらも地道に練習を続けていた結果だと思います。
今回の単独チームでの敗戦が、一つの経験として次回に生かしてもらえればと期待しています。
今後も温かい目で応援してください。
0

今日は各学年がそれぞれの行事です

1年生のガイダンスや心電図検査・写真撮影が行われています。その間、2・3年生の授業が組めないため、上級生はそれぞれ独自の行事を実施しています。

2年生は学年レクレーションです。クラス替えがり早く新しいクラスメイトに慣れるのにはいい機会です。グランドコンデションが悪いため全員が体育館でドッチボールをしていました。
 

3年生は、さっそく進路講話です。外部の行使を招き、「仕事とは?」「学生と社会人の違いは?」の話から始まりました。3年生はもう意識を高く持ってもらいたいと思います。


なお、本日保護者あてに「自動二輪車の免許取得に関する指導について」のお知らせを配布しました。自動二輪に関する指導が県全体で変更になっています。是非、ご覧いただきますようお願いいたします。
HPにも掲載いたしました。→こちら
0

新入生オリエンテーション

新学期二日目。今日は各学年、学年集会やLHRです。新しいクラスに早く慣れてもらいたいと思います。
1年生は、生徒会が「新入生オリエンテーション」として学校の案内や部活動の紹介をゲームを交えて楽しく実施してくれました。

  
〇1年生には、勉強はもちろんですが部活動や生徒会活動など自分の「持ち味」を発揮して、やりたいことを見つけたくさんのことに挑戦して欲しいと思います。
〇人生100年の中で、高校生活はたったの3年間です。人生の基礎基本を学び、自らを磨くことのできる絶好の時機です。今のこの時期が、「学ぶ」ための絶好の「好機」です。部活動にも積極的に参加してほしいと思います。やってみることが尊いことであって、できないことや失敗することは恥ずかしいことでも情けないことでもありません。大事なのは、「やらない後悔よりやった経験」、この姿勢が、人生を変えてくれると信じています。

0

入学式も挙行されました

平成31年度第48回入学式が、始業式に続いて午後挙行されました。
新入生198名を和光高校に新たに迎えることができ、とてもうれしく思っています。


中学生にとって、高校受検というハードルは高く険しいものであったと思います。厳しいハードルを越えて晴れて高校生となった皆さんを迎えることができ、私たち教職員並びに在校生一同、皆さんのご入学を心より歓迎いたします。高校生活への希望を持ち続け、実現に向けて一層努力してください。和光高校は、皆さんの努力を精一杯応援します。
世界の価値観も変わり、多様化の拡大が進み、日本の国際的な存在感の低下も懸念されています。また、日本は、超高齢化人口減社会に向かい、前例のない課題が待ち受けることになります。このような社会では、「想像力」と「学び続ける力」が重要になります。そして人生100年時代に必要なのは、「自分は今何を学ばなくてはならないのか」を客観的に考え、継続的に課題に立ち向かう力です。答えのない中で、どう行動すべきか、考え、そこに価値を身に付けていける人こそが、これからの時代に求められます。過去の価値観にとらわれないで挑む姿勢が大切です。
皆さんの一人一人に、他の人にはない固有の「持ち味」があります。学校や家庭をはじめとする集団の中で、「持ち味」を発揮しつつ、「公のために何ができるか」を追及してください。是非とも、高校生活を通じて、積極的に様々なことに興味関心を持ち、自分自身の内面を見つめ、この不透明な時代に未来を切り拓く力を養ってください。

〇保護者の皆様、
本日は、ご子息ご息女のご入学、誠におめでとうございます。
お預かりしたお子様の成長を願い、教職員一丸となって全力をあげて教育活動にあたってまいります。一人一人の「持ち味」を伸ばし、社会に貢献する力の土台を築いてまいります。そのためには、学校と家庭の緊密な連携と相互の信頼が何よりも大切です。
高校生は多感な時期です。だからこそ、「挨拶」や「他人を思いやる心」、「時間や規則を守ること」などの社会の基本を学ばせるとともに、安定した高校生活が送れますようにお子様の健康状況や身だしなみ、学習に向かう環境整備などにも目を向けていただきたいと存じます。本校の教育方針をご理解の上、ご支援、ご協力を賜りますよう、お願いいたします。



0